忘れたら大変!水道管の引き込み工事の費用を知っておこう!

業者選びは慎重に!費用だけじゃなくて信頼できる業者を選んで

有資格業者に依頼しよう

そもそも水道管の引き込み工事をできるのは指定給水装置事業者だけです。
どの自治体もそれ以外の事業所には施工許可を出していません。
工事予定の土地の自治体のHPに一覧があるかと思いますので、そちらに記されている業者の中から選びましょう。
業者に見積もりをもらうときには必ずいくつかの業者に相見積もりをしてもらうべきです。
特に何も考えず不動産屋の紹介業者であったり、ハウスメイカー提携業者に依頼すると高額な見積もりを出されます。
自分で業者を探す手間は省けますが、業者によって費用に数十万円もの開きが出ます。
依頼先が直接工事せずに、下請け孫請けに工事依頼を出す仕組みになっていると仲介手数料がかかり費用が余計に高くついてしまうのです。
近所の業者さんを探したり、土建屋さんに紹介してもらったりしてなるべく安い業者に依頼をしましょう。

値段の根拠を説明してもらおう

だからと言ってあんまり安い業者に依頼して欠陥工事をされたり、後から追加料金を請求されるのは困りますよね。
いくつかの業者から見積もりを出して貰えば大体の相場は見えてくるものです。
相場より極端に高い業者は論外として、安い業者には価格の根拠を説明してもらいましょう。
きちんとした業者であれば価格が安いことの理由を説明してくれるはずです。
もしかしたらなんらかの企業努力があって低価格での工事を実現しているのかもしれません。
その場合はお客様へのアピールになりますから隠さず教えてくれることでしょう。
先ほど申し上げましたが、業者によってかなりの開きの出る費用です。
時には一番安い業者と高い業者の間に100万円も差が出るケースもあります。
価格を安くしてくれる業者は確実に存在しますのでよく調べて依頼をしましょう。


この記事をシェアする