水道の引き込み工事には工事以外の費用が発生するって本当?

忘れたら大変!水道管の引き込み工事の費用を知っておこう!

水道引き込みは必要不可欠!

新しい土地に家を建てる場合、水道の引き込みを自分で依頼しなくてはいけないケースがあります。 引き込み工事は立地や周辺状況によって費用が変わります。 さらに、水道引き込みにかかるのは工事費用だけでは済まされません。 全て含めると相場は大体いくらくらいになるのかチェックしておきましょう。

マイホーム購入はインフラの確認をしながら選ぼう

夢の実現のためにお金をかけて家を建てても、そこで生活できなくては意味がありませんよね。 水が使えなければそこは住居とは言えません。 安く購入した土地が水道本管からかなり離れていた、なんてことになるとかえって高い費用が掛かってしまうかもしれません。

業者選びは慎重に!費用だけじゃなくて信頼できる業者を選んで

水道管の引き込みを受託している業者は無数にあります。 数十万する引き込み工事ですからできるだけ安くしたいのが皆さんの本音だと思います。 しかし不具合があると大変困る工事ですから費用をかけなすぎるのも考えもの。 安さばかりでなく、信頼できる業者なのかも含めて比較しましょう。

一体どれくらいかかるの?水道管引き込み工事の相場

新築物件を建てるとなると、ついつい楽しい部分に目が行きがちです。
広い庭でガーデニングをやってみたい、ガレージを作って車いじりを楽しみたい、一家団欒ための暖かいリビングを作りたいなどなど…
しかし夢の実現の前に必要最低限のインフラを整えることは必須です。
中古の物件や賃貸のようにインフラ工事が完了している土地ばかりではありません。
特に水道管の引き込み工事は土地の持ち主が全額負担することになりますからバカにならない値段がかかってくることは覚えておきましょう。

日本では地下に水道本管が張り巡らされており、そこから各建築が水道管を引き込むことで水道を使えるようになります。
元々駐車場や空き地だった場所に家を建てる場合、当然そこには水道管が引き込まれていませんから工事費用がかかってくるのです。
この時最も費用に影響があるのが本管から土地までの距離で、メートル単位で価格が変わります。
また元々住宅のあった土地や中古物件である場合にも、水道管の取り換えや、新たな引き込み工事が必要なことがあります。
土地購入、あるいは物件購入の際には必ず水道管引き込みにいくらかかるのかを意識しながら選びましょう。

マイホームを手に入れるのに価格の安さばかりに気を取られると、インフラの面で高い費用がかかってしまうことがあります。
水道管は地下にある設備ですのでそれだけ高い工事費用がかかります。
当たり前すぎて気づけない、水道管引き込み費用について勉強しておきましょう。